モノフィラメントワイヤー
・単線

成形ワイヤー

成形ワイヤーにより、多様な非標準的プロファイルを活用することができます。 三角形から三日月の形状、あるいはワイヤーの周りをらせん状に溝をつけたりする成形ワイヤーを製造しています。対象になる合金は多種に及びます。 このために弊社は特殊な工具とプロセスを使用し、全体の断面積を小さくするユニークな構造を生み出します。

最適な形状を見つける

弊社は多くの標準形状を製造しておりますが、その限界を押し広げるための取り組みを常に行っています。 以下の形状がお求めの形状と異なる場合は、お気軽に営業担当までお問い合わせの上、カスタム成形ワイヤーについてご相談ください。

D-ワイヤー 0.0381 x 0.1016 mm [0.0015 x 0.004 in] ~ 1.016 x 2.032 mm [0.040 x 0.080 in]
  • 半円、半円以上、半円未満
クレッセントワイヤー 0.147 x 0.254 mm [0.0058 x 0.010 in] ~ 1.016 x 1.524 mm [0.040 x 0.060 in]
パイワイヤー 0.142 x 0.177 mm [0.0056 x 0.007 in] ~ 0.762 x 1.143 mm [0.030 x 0.045 in]
  • ワイヤー角: 45°~120°
楕円ワイヤー 0.0254 x 0.0635 mm [0.001 x 0.0025 in] ~ 0.508 x 1.524 mm [0.020 x 0.060 in]
三角ワイヤー 0.1143 x 0.216 mm [0.0045 x 0.0085 in] ~ 1.016 x 1.143 mm [0.040 x 0.045 in]
溝付きワイヤー 0.254 ~ 0.762 mm [0.010 to 0.030 in]
  • 溝の寸法は断面積の4-20%の範囲内です。
  • 304V、316LVM、および35N LT® を製造
タークスヘッドワイヤー 0.152 x 0.152 mm [0.006 x 0.006 in] ~ 1.778 x 1.778 mm [0.070 x 0.070 in]
  • 最大幅/厚さ比は2:1

成形ワイヤーはほとんどの合金で製造できます。

一般的な最終用途

成形ワイヤーは多くのさまざまな構造が可能であり、種々の最終用途に適したものが見つかります。 このワイヤーの応用例としてはカテーテルです。溝に他のワイヤをはめ込み、同じ線径のまま複数のワイヤーで構成するカテーテルを作ることができます。

  • カテーテルワイヤー
  • 成形ガイドワイヤー
  • ステープル
  • コイル用途
  • 工具
  • 展開方法
  • 歯列矯正ワイヤー
 
カスタムサービス

弊社は、成形ワイヤーをカットピースで供給することができます。 また、その他多くの組立作業を実施して、お客様が工程段階を減らしたり社内組立のニーズをなくすためのお手伝いをすることもできます。 カスタム成形ワイヤーの発注については、最寄りの営業担当にお問い合わせください。

成形ワイヤーによる設計

成形ワイヤーは、さまざまな用途に合わせた製造が可能であり、多様な設計でコンポーネントとして利用されています。 成形ワイヤーのプロファイルは通常とは異なっているため、弊社の技術チームはお客様の仕様に合わせて製品を調整するために特有の用語や測定を使用します。 ご希望の用途に成形ワイヤーを使用する場合にどのようなことが可能か最寄りの営業担当とご相談になる際には、以下の図を参考としてご利用ください。


  • 楕円ワイヤー

  • タークスヘッドワイヤー

  • クレッセントワイヤー

  • D-ワイヤー

  • パイワイヤー

  • 三角ワイヤー

  • 溝付きワイヤー