私たちのすべては
命を救うため

ミッション

Our company was founded and continues to grow because of our dedication to the manufacturing of medical grade wire. Our mission is to continually improve the quality of our products, the speed with which we respond to customers’ requests, and our level of understanding of the materials we work with and recommend.

価値観

 

弊社のベースは次のようなの基本的価値感です。

  • 弊社の人材は弊社の強さの源と考えている。
  • 製品およびサービス、企業文化、そしてコミュニティへの支援は弊社が評価される基準要素と考える。
  • 将来へのチャレンジはお客様との関係、業界での革新的リーダーシップ、そして先進的な研究やプロセスを駆使する事により実現可能と考えている。
  • お客様の機密保持要請を尊重する。
  • 弊社は成長を維持し、株主に還元するためにも、利益を生み出せる組織でなくてはならない。

 

経営理念

 

弊社が行う事の全てはお客様にフォーカス

お客様への約束は必ず果たさなければなりません。これには、製品の品質および約束した納期も含まれます。

プロセスおよび製品の継続的な改善は弊社の成功にとって欠かせない重要な要素

弊社は、製品、製品の生産方法、ゴールに向けて協力する方法、生産効率、および利益率など、全てのことに改善する努力を続けます。

研究および開発は未来への鍵

医療機器業界は急速に進化しているため、新製品あるいは新プロセス開発のため 広範囲な人材や知識を活用しております。また弊社は、お客様からのサンプルオーダーや研究プロジェクトを通じてお客様の製品開発もサポートしております。。

従業員参加なしには改善は生まれません。

弊社は一つのチームです。すべての従業員から最大限の能力を引き出すためには、信頼と尊敬にあふれる環境を醸成する必要があります。弊社の成功は、ゴールに向けて全員が努力することにかかっています。

整合性を損なってはなりません。

弊社の活動は、社会的責任があり、その完全性が尊重されるようでなくてはなりません。お客様やサプライヤー、そして私どもとの関係は誠実と相互理解に基づいてたものでなくてはなりません。

全員が毎日、自分の最大限の可能性を発揮するよう生産に携わる責任があります。

弊社の目標は、全員が毎日各自の責任を十分果たす事で達成されます。仕事の水準を落とすことは同僚を尊重しないことであり、弊社の可能性は全員が一丸となる事で生まれると考えます。

情報は意思決定をもたらすものでなくてはなりません。

弊社は技術革新を一つの文化と位置づけております。従い弊社は多くの意見を歓迎し、そのすべてに耳を傾け、尊重しています。弊社の進む道は客観的な根拠をもとに決められております。

沿革

「お客様と従業員のみならず、サプライヤーとの間でも円満な関係を保つ事が、事業を適格に進める上で最も必要な要素の一つである。」
- アーデル・グレイズ、1960年
   
1946

それは一つのひらめきから始まりました、当時科学研究者であった故アーデル・グレイズから生まれたアイデアなのです。 グレイズがFort Wayne Metals, Inc.を設立した時、研究と技術革新に大きな比重が置かれていました。グレイズはワイヤー業界の貢献者で 彼の最初の挑戦の一つは、記録用に開発された磁性ワイヤーを改善することでした。これは後に弊社が現在使用している記録用テープで置き換えられましたが、この磁性ワイヤーは弊社技術革新のほんの始まりにすぎませんでした。

1960

グレイズの革新的な精神は60年代まで続き、リード線に革命をもたらした銀蝋ワイヤー (DBS®) を開発しました。彼にとって最初の特許取得の製品でした。

1971

わずか5台の伸線機と炉1台しか備えていなかったFort Wayne Metals Research Products Corpは、今も基準となる伸線技術の基礎をつくりました。

1980年代

1985年には、グレイズの息子であるスコットがCEOに任命され、父親の革新的なマインドを引き継ぎました。その後間もなく、Fort Wayne MetalsはDFT®と呼ばれる1本のワイヤーでありながら様々な特性を持たせた、異種金属の特性を複合化した金属対金属複合ワイヤーを開発しました。

2000年代

21世紀の始まりはFort Wayne Metalsにとっても新世紀の始まりでした。2002年、初の海外拠点をアイルランドのキャッスルバーにオープンしました。アイルランドに拠点を設けることをきっかけに、ビジネスを国際化へとシフトしました。この時期においても、弊社の「革新」を軸とする理念に基づき、新製品の開発が続けられました。例えば35N LT® (2003) とSLT® (2006) です。

2010年代

これまでのところ今世紀は、想像していた以上の成長を遂げる事ができました。DPS™ was developed in 2011 for our customers who require a higher effective material stiffness in their Nitinol wire. そして2013年にはコロンビア シティの工場で初のニチノール融解に成功し、更に革新の高みを目指した新たなあゆみがはじまりました。2014年には、これまでの開発による余剰成果が得られましたが、最も注目すべきものは4TiTUDE™でしょう。このCP Gr 4は、チタンの「強度」という言葉に新しい意味をもたらしました。